yorimiti ココロ カラダ スピリット 環境 予防 表参道コミュニティー 五感 未病治す QOL ゆとり 空 佐藤由美子 音楽療法

y o r i m i t i s i y o !!
 ● 参考サイト ●
 LaClear
  


yorimiti(よりみち)Home








yorimiti(よりみち)スケジュール

<2017年>
1月9日 ファスティング

1月29日 音楽療法

2月25日 腸活・酵素

3月 5日 美呼吸・ウォーキング

4月16日 顔ヨガ

5月14日 姿勢・座り方

6月11日 足ゆびケア

6月17日 音楽療法

6月25日 編み物

7月1日 伝筆

7月29日 腸活

9月18日 カラー

10月21日 ヘッドケア

11月 5日 姿勢・座り方

12月 3日 伝筆






y o r i m i t i 0617のご案内

yorimiti(よりみち) 0617 終了致しました。
<<満員御礼>>学びの多い癒されるセミナーでした。
ご参加下さいました皆様誠にありがとうございました。
Blog⇒ 「yorimiti0617 「音楽療法」満員御礼 ご参加誠にありがとうございました」



日時/場所:2017年6月17日(土)LaClear(らくりあ) 

9:00〜12:00 満席/  14:00〜17:00 満席

※9:00〜 と 14:00〜の2回開催(内容は同じです)となりました。
どちらの回も満席となりました。誠にありがとうございます。
只今キャンセル待ち受付中です。


参加費:¥6000 (ハーブティー付)

テーマ:「グリーフケアの基礎」〜心のケアの手法とは?〜

講師:佐藤 由美子(さとう ゆみこ)さん/音楽療法士

対象:医療・介護・福祉現場で働く人、音楽療法士。



グリーフ(深い悲しみ・悲嘆)とは患者さんの死後に起こる現象。
そう思っている人も多いかもしれません。
でも、
実はグリーフとは、
患者さんが末期の病気を宣告されたときからはじまります。
本人だけではなく、
家族や友人も大切な人を失う前からグリーフを経験するのです。

また、
グリーフの引き金となるのは、
必ずしも死別とは限りません。
離婚、引越、職を失くしたときなど、
さまざまな状況で私たちは喪失を経験します。

つまり、
医療・介護・福祉の現場で働く私たちは、
日々グリーフになっている人たちと関わっているのです。

そのため、
彼らの苦しみを取り除けないことに無力感を覚えたり、
怒りをぶつけられてストレスがたまったり、
患者さんを避けたいとさえ思うこともあるかもしれません。

私たちは、深い悲しみを抱えている人たちと、どう接すればいいのでしょうか?

このセミナーでは、
グリーフカウンセリングの基礎である、
「バリデーション(Validation)」と「ノーマライゼーション(Normalization)」
についてお話しします。
グリーフの過程について理解を深め、
心のケアの手法を学ぶことによって、
患者さんやご家族とのコミニケーションを向上することが目的です。

また、
グリーフケアにおける音楽の役割についてもお話します。

*参考文献として、
『死に逝く人は何を想うのか』(ポプラ社)を事前に一読ください。

リンクはこちらです→『死に逝く人は何を想うのか』(ポプラ社)


佐藤由美子さんを再びお迎えして、音楽療法の回を開催致します。

今回は「グリーフケアの具体的な手法」
についてお話し頂きます。

専門的な内容となり、また佐藤さんの帰国時の貴重なタイミングであるため、
時間を3時間とたっぷりとってお届けしてまいります。
この機会に是非佐藤さんよりアドバイス頂きたい方など
たくさんご参加お待ち致しております。
人気の講座になりますので、お早めにご検討下さい。



申込方法:メール  yorimiti@laclear.net

へ必要事項記載の上お申込み下さい。
どちらの回も満席となりました。只今キャンセル待ち受付中です。

(1件名「6/17yorimitivol0617音楽療法参加希望」、2お名前、3当日のご連絡先、4ご希望の回 9時〜キャンセル待ち希望/14時〜キャンセル待ち希望 、5ご職業・職種、6ワークショップで講師に聞きたい事)

※サロンでもお申込みいただけます

※持ち物。
座りやすい楽な格好でお越しください。



自分のチカラを、そして、そばにいる人のチカラをよりよく発揮するために、
グリーフケアについて認識を深め、
よりよく過ごすきっかけにしてみてはいかがでしょうか?

是非、この機会に
佐藤さんから
たくさんヒントをいただき
視野が広がりいいふうになるきっかけになるように

一緒に学びましょう!!







Special Thanks to


講師:佐藤由美子さんのこと

プロフィール
セラピスト

ホスピス緩和ケアの音楽療法を専門とする米国認定音楽療法士。
バージニア州立ラッドフォード大学大学院音楽科を卒業後、
オハイオ州シンシナティのホスピスで10年間音楽療法を実践する。
その間、
キャンサーサバイバー(がんと共に生きる人)や障がい児との音楽療法、
地域の子どもたちへのグリーフカウンセリング、
遺族を対象にしたグリーフワークも行ってきた。
2013年に帰国し、
青森慈恵会病院緩和ケア病棟で音楽療法士として働く。
2017年に再び日本を離れ、
現在ネブラスカ州オマハに在住。
著書に『ラスト・ソング』(ポプラ社)、
『死に逝く人は何を想うのか』(ポプラ社)がある。





音楽のチカラはスゴイと思います。
しかし、セラピストのチカラがあっての、音楽療法ではないかと
私は思います。
佐藤さんは、セラピストとしても
本当に尊敬できる方です。
方法が違っても、セラピストとして学ぶところもたくさん多いです。
セラピストの方、セラピストを目指す方にもきっとたくさんヒントを頂けると思います。
セラピストの佐藤由美子さんに帰国の貴重な開催です。
是非ご参加ください!!
きっと、グリーフに遭遇すると戸惑うことも多いと思いますが
グリーフケアの内容を知っていると、
少しでも早く回復できるヒントになるのではないかと思います。
そして、佐藤さんの活動も
「yorimiti」で知っていただけたら幸いです。

今回、佐藤さんに、再び
yorimitiの講師をして頂くことになりました。
本当に嬉しいです。
ありがとうございます。

音楽療法のチカラが、こんなにスゴイということに、気づかせてくれたのは、
LaClearで行った、佐藤さんの音楽療法の講座でした。
2014/11/23 体験する音楽療法セミナー
2014/11/23 セミナーの様子


改めて、「音楽」について、考えてみたり、感じてみたり頂けたら嬉しく思います。
私と同じように、
音楽に対して、そして音楽療法に対しての認識が
きっと変わる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
新しい発見にもつながるかもしれません。


佐藤さんのブログ・FB

「佐藤由美子の音楽療法日記」
https://yumikomusicjp.wordpress.com/



facebook

https://www.facebook.com/yumikomusictherapy/


佐藤さんの著書

 2017/1/10発売!!
「死に逝く人は何を想うのか」〜残される家族にできること〜





「ラスト ソング」〜人生の最期に聴く音楽〜




佐藤さんのCD

「ラスト ソング」〜人生を彩る奇跡の歌〜





yorimiti ココロ カラダ スピリット 環境 予防 表参道コミュニティー 五感 未病治す QOL ゆとり 空 佐藤由美子 音楽療法



LaClear 〒150-0001 渋谷区神宮前4-15-16 #205  TEL:03-3402-1396
    HOME | LaClearのこと | 手技・施術の流れ | メニューと料金 | ご予約は | Q&A | セルフケア | etc | map 
| おすすめ | 珪素をとろう! | セリシン関連 | 整 体 | リフレ | 数 秘 | ココロ | フェイス | 風水 |